製菓衛生師

製菓衛生師とは昭和41年に制定された製菓衛生師法にもとづく国家資格です。菓子製造技能士がお菓子作りの知識と技術を認定するものですが、製菓衛生師は技術だけでなく、添加物や食品の安全性の知識を有し、安全性の高い商品をつくるプロフェッショナルを認定するものです。名称独占資格となっているので、有資格者以外は名乗ることができません。

受験資格は中学卒業以上の学歴を持ち、厚生労働大臣の指定する製菓衛生師養成施設で1年以上、製菓衛生師に必要な知識および技能を修得したものとされています。

どんな人に必要な資格か?

製菓衛生士は商品を作る技術だけでなく、商品の安全管理にも重点を置いている資格ですので、店長や独立を目指す人におすすめの資格です。また、この資格を持っていれば、ベーカリー、洋菓子店、和菓子店などのお店を開業する時に必要となる「食品衛生責任者」としても認定されるので、独立開店を考えている人にはもってこいの資格です。

受験資格

製菓衛生師の資格を得るには、各都道府県が実施する試験に合格したのち、住所地の都道府県知事に免許を申請しなければなりません。受験資格は中学校卒業以上で、2年以上製造の実務経験した人か、製菓衛生師養成施設において1年以上技術と知識を習得した者とされています。合格率は全国平均で7割程度と比較的合格率が高くなっています。しっかりと勉強すれば、取得しやすい資格とも言えるでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
参考資料
トップへ戻る