パン製造技能士

住んでいるまちに美味しいパン屋さんがあると、なぜか嬉しいものです。それはパンは日常的な食べ物であり、毎日の暮らしを豊かにしてくれるものだからです。美味しいパン屋さんにはいつも多くの人が訪れて賑わっています。評判のよいパン屋さんの評価はどんな人に聞いても、あまりブレがないようです。それは、誰もが「美味しい」と感じるパンを提供しているからでしょう。美味しいパンを焼くためには、高度な知識と技能が必要なのです。パン製造技能士とは、パン造りの実務経験者を対象として、その技能を国が認定する資格です。

パン製造技能士には、特級、1級、2級のレベルがあり、合格基準はそれぞれ特級は管理者レベル、1級はパンづくり上級者レベル、2級は中級者レベルとなっています。受験するには実務経験が必要で、実務経験のみの場合、2級は3年、1級は12年(2級取得者はその後5年)、特級は1級合格後5年の経験が必要となります。しかし2級は、専門学校などの指定された課程を修了していれば、実務経験が無くても受験できます。

1級と2級は学科試験と実技試験の2つの試験が実施されます。学科試験では食品一般やパン一般、関係法規、安全衛生、材料の選定、生地の発酵、成形加工、熱加工、仕上げなど、幅広い知識が問われます。一方、特級は筆記試験だけ行われ、主に管理能力を問う問題となっています。

パン製造技能士の資格が取れると、パンづくりのプロとして評価されます。まちのベーカリーはもちろん、ホテルのパン部門、生産ラインでパンを大量に作る製パンメーカーなど、活躍の場はたくさんあります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
参考資料
トップへ戻る