フードコーディネーター

食は人が生きていく中で、ずっと必要なもの。それだけに、たくさんのビジネスチャンスがある分野であるといえます。そして今、フードビジネスはさらに多様化の道を辿っています。お年寄りのためのお弁当宅配、赤ちゃんのための離乳食、昔は家庭で手作りしていたものが、フードビジネスによってさらに細分化されたニーズに合わせた商品が提供される世の中になっています。また、一般のレストランにおいても、質の高い商品、空間が提供されるようになってきています。フードコーディネーターとは食ビジネスの全般にわたるデザイン、演出を行う専門職です。レストランのプロデュース、メニュープランニング、食のイベントの企画、新商品開発、雑誌・出版物の取材と編集、撮影のフードスタイリングなど、活動内容は幅広く活躍のフィールドもたくさんあります。

資格認定試験は食に関する4分野の基本をしっかりと学ぶことから始めましょう。四分野とは「文化」、「科学」、「デザイン・アート」、「経済・経営」です。次に「食のホスピタリティ・ライフサポート」「レストラン経営」「食品流通」「食の商品開発」「食のイベント・メディア」など食産業・フードビジネスの実践的な知識を得ましょう。フードコーディネーターには1級から3級があり、プロとして評価されるのは2級取得レベルです。

3級

フードコーディネーター入門レベルです。食に対する幅広い知識を取得することが合格の鍵です。

2級

フードコーディネーターアシスタントレベルです。お客様のニーズをとらえる能力とコーディネイト力が問われます。

1級

フード業界でプロとして活躍できるレベルです。チームのリーダーとして的確な指示を出す能力などが求められます。

フードビジネスの発展に比例して、今後ますます活躍の場が広がっていく資格だと言えるでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
参考資料
トップへ戻る