調理師免許

調理師免許は飲食店を経営するためには必須の資格です。また、食生活の向上に資することを目的とした日本独自の国家資格です。調理師試験は調理師法に基づいて都道府県知事によって実施されます。また、調理師免許を取得するには2通りの方法があります。

専門学校を卒業する

厚生労働大臣が指定する調理師専門学校に入学して調理師として必要な知識・技能を修得した後に学校卒業すると、調理師免許の取得資格者となります。その後、各都道府県に調理師免許の交付を申請すると、無試験で免許証が交付されます。この方法だと学校を卒業すれば、必ず取得資格者となれるのが強みです。また、資格だけでなく、調理の専門的知識を持ったいろいろな先生方からたくさんの知識と技術を得られるのも大きなメリットです。

試験を受ける

都道府県知事が実施する調理師試験に合格し都道府県に備え付けられた調理師名簿に登録された者のことを調理師と言い、国家資格となります。調理師試験の受験資格は中学校卒業者で、飲食店や学校、病院、寮などの給食施設、惣菜製造者、魚介類販売業で2年以上調理業務を経験した人に限ります。試験科目には食文化論、衛星法規、栄養学、食品学、公衆衛生学、食品衛生学などがあります。これらの知識を自分で勉強することになりますが、より確実に試験に合格したい場合には通信講座などもあるので、利用してみるのもよいでしょう。

調理師試験の合格率は60%〜70%と言われています。また、学習期間は通常6ヶ月は必要とされていますので、合格へ向けて、計画的に勉強を進めましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
参考資料
トップへ戻る